[MESSAGE]
【TOPICS】「体内静電気」が病気の原因に?

「体内静電気」ってご存知ですか?


冬場など、摩擦がおこったときにバチっと感じるのは「”体表” 静電気」です。

「体内静電気」はこれとはまったく別物です。

実は、生命活動をしている私たちの体には「体内静電気」が知らないうちにたまっていきます。

体内の細胞や血管の中でも、摩擦がたくさん起こるためです。


私達は電気で動いている?


私達の体のミクロの世界では、実はいろいろなことが、電気(イオン)のはたらきで動いています。

細胞内の水分を外に出したり取り込んだりする時や、物事を考える時に脳の中でシナプスをつないだり離したりするのも、プラスとマイナスの電気のはたらきで行っています。

また、健康な赤血球はマイナスに帯電していて反発しあうので、血管内でくっつきあわないようになっています。くっついてしまうと血液はドロドロになってしまいます。


もしも、体内に、静電気がたまり過ぎてこの電気バランスが崩れたら、いろいろと大変なことになりそうなのは、すぐに想像できますね。


余分な電気をカラダから抜く方法はあるのでしょうか?


実は、人も、動物も、昔からちゃんと解決方法を持っています。

カラダの電気を地面に流す方法、それが「アーシング」です。

「大地」や「大きな木」に直接触れると、余分な電気を吸い取ってくれるのです。

洗濯機などにも、電気を地面に流すために「アース」がついていますよね。


現代人は、アースがない状態


大地に触れるチャンスが少なくなってしまった現代人は、いわばアースがない状態。

唯一触れている靴の底は、残念なことに、電気を通さない絶縁体のゴム底です。


身近で行えるのは、公園や砂浜で裸足になったり、大きな木に触ることです。


・・・でも、そんなチャンス、なかなかない!!

という方のために、おうちでできる一番簡単な方法が

「クレイのお風呂に入ること」なのです!


アーシングする入浴剤CLAYD


クレイは「大地」そのもの。マイナスに帯電しているので、プラスの電気を体の中から引き出してくれます。


CLAYDのお風呂に入ると、言葉にできないような気持ちよさや、スッキリ感、カラダが軽くなる感じを味わったことがある方は多いと思います。

CLAYDのクレイは表面積が非常に大きいので、この作用も大きく活発に発生するのです。


CLAYDがプラスに帯電した老廃物や重金属を吸着してくれることは皆さんよくご存じだと思いますが、余分なプラスの体内静電気も吸いだして、身体をバランスよく整えてくれるのです!


カラダがだるくなったり、循環が悪い気がしたり、うつうつとした気分になった時には是非、お風呂でアーシングする習慣を続けてみてください。

ニュースレター定期購読申込み